太陽光発電 価格

太陽光発電の価格を少しでも安くする秘訣を大公開!

太陽光発電のリサイクル

 

太陽光発電のリサイクルについて。
日本では、太陽光発電のリサイクルについての情報が少ないと言われています。
そのため、太陽光発電のリサイクルについての
明確な情報があまり出回っていないのが現実です。

 

 

太陽光発電のリサイクルといえば、環境先進国であるドイツが、
1996年に「循環経済および廃棄物に関する法律」を、
商品の製造業者および流通業者に変革をもたらしました。
使用済みの原材料を、環境に適合した方法でリサイクルする問題は、
環境保護団体などで議論されていましたが、
次第に行政もこの問題を重要視するようになりました。
これにより、現在は事業者・商業界・産業界も、
積極的にリサイクルについて取り組むようになっています。

 

 

 

また、大規模な太陽光発電リサイクル工場の建設も進んでいます。
太陽光発電のモジュールは、一般的に20〜30年が寿命だと言われており、
メーカーでは10年と設定されています。
構成材料の大部分をリサイクルすることができ、セルはほどんど劣化しておらず、
半永久的に使うことができると言われています。
ちなみに、もっとも劣化しやすいのは「パワーコンディショナー」です。

 

 

太陽光発電の設備は、
・モジュール
・パワーコンディショナー
・ケーブル
・接続箱

 

 

これらは、金属や半導体、ガラスなどで構成されており、
そのほとんどがリサイクル可能となっています。

太陽光発電の発電量

 

太陽光発電の発電量について。
太陽光発電を設置する上で知っておきたいのが、「発電量」です。
もちろん、他にも知っておきたいことはたくさんありますが、
発電量もそのうちのひとつになります。

 

 

太陽光発電の発電量は、
・パネルの設置数
・パネルの性能
・パネルの設置場所
・設置エリア
・気候

 

 

などによって大きく変わってきます。
特に、気候条件や設置エリアなどは大きいですね。
どんなに優れた性能の太陽光発電でも、
エリアや気候条件が悪いと、不向きになります。

 

 

 

また、家族の人数によっても、発電量は異なるでしょう。
おおまかに、親子4人で1年間の消費電力を考えると、
大体5650kwhが必要になると言われています。
そこから、9〜7割カバーできるシステム容量を考えると、
5650kwh×90%で、5085kwhとなります。
よって、1年間に5000kwh程度発電できるシステムがあれば、
十分ということになります。

 

 

そして、地域によって発電量は大きく異なります。
年間日照時間ランキングでは、第1位は山梨県、
最下位は秋田県となっています。
やはちり、発電量の多い地域では、太陽光発電がとても役に立ちます。

太陽光発電の普及率

 

太陽光発電の普及率はどれくらいなのでしょうか?
以前よりも、太陽光発電を導入する家庭が増えてきていると言われていますが、
なんと2012年で100万件を突破しています。
これは、2011年に起こった東日本大震災も大きく関係しています。
太陽光発電は、万が一の場合でも稼働しますから、
常に電気を利用することができます。
そのため、今回の大震災を機に、
戸建に太陽光発電を導入する家庭が増えてきていると言われています。

 

 

 

もともと、日本で太陽光発電が一般家庭に導入され始めたのは、
1994年4月になります。
これからどんどん普及が進んでいき、
現在は100万件を突破したとJPEA調べて明らかになりました。

 

 

この急激な普及は、大震災以外にも、性能の向上や、
日本での設置に対するバックアップがしっかりしてきたことも関係しています。
また、一旦なくなった「余剰電力買取制度」が復活したことも、
太陽光発電の普及率が上がったきっかけのひとつになっていますね。

 

 

 

さらに、2012年7月からは、「固定価格買取制度」もスタートしました。
今後消費税のアップで電気代もグンと上がりますから、
太陽光発電を設置していて損することはないでしょう。

 

産業用 太陽光発電