太陽光発電 価格

太陽光発電の価格を少しでも安くする秘訣を大公開!

太陽光発電のリサイクル

 

太陽光発電のリサイクルについて。
日本では、太陽光発電のリサイクルについての情報が少ないと言われています。
そのため、太陽光発電のリサイクルについての
明確な情報があまり出回っていないのが現実です。

 

 

太陽光発電のリサイクルといえば、環境先進国であるドイツが、
1996年に「循環経済および廃棄物に関する法律」を、
商品の製造業者および流通業者に変革をもたらしました。
使用済みの原材料を、環境に適合した方法でリサイクルする問題は、
環境保護団体などで議論されていましたが、
次第に行政もこの問題を重要視するようになりました。
これにより、現在は事業者・商業界・産業界も、
積極的にリサイクルについて取り組むようになっています。

 

 

 

また、大規模な太陽光発電リサイクル工場の建設も進んでいます。
太陽光発電のモジュールは、一般的に20〜30年が寿命だと言われており、
メーカーでは10年と設定されています。
構成材料の大部分をリサイクルすることができ、セルはほどんど劣化しておらず、
半永久的に使うことができると言われています。
ちなみに、もっとも劣化しやすいのは「パワーコンディショナー」です。

 

 

太陽光発電の設備は、
・モジュール
・パワーコンディショナー
・ケーブル
・接続箱

 

 

これらは、金属や半導体、ガラスなどで構成されており、
そのほとんどがリサイクル可能となっています。

 

太陽光発電の効率について。
太陽光発電の効率を知ることで、
どのシステムがもっとも良いか、知ることができます。
比較の対象になりやすいので、
太陽光発電の設置を考えている方は、知っておくと得しますよ。

 

 

 

効率は、メーカーによって大きく異なります。
当然、変換効率が良いほうが、使い甲斐がありますよね。
この変換効率は、JIS規格で定められており、
もともとのエネルギーをどれくらい電気へ変換できるかという値になります。
たとえば、1000Wの光エネルギーをそのまま電気に変換するとなると、
その効率は「100%」になるというわけです。

 

 

●各メーカーの変換効率
・シャープ:16.50%
・三菱:14.80%
・ソーラーフロンティア:12.21%
・パナソニック:18.20%
・東芝:19.30%
・京セラ:16.60%

 

 

有名なメーカーを比較してみると、
東芝がダントツに変換効率が高いことが分かります。
パナソニックも、「18.20%」と高い変換効率ですね。

 

 

 

最近は、効率だけでは太陽光発電を決められないと言われています。
その理由は、気候や傾斜度などによって、
それぞれ太陽光発電に最適な状態が異なるからです。
屋根の向き、日射量や時間など、地域や場所によって異なります。
ですから、効率はあくまで“参考程度”にしておいて下さいね。